• トップ

家探しする時に注意する事

中古住宅は新築よりも相場が安くて、低予算で住宅を取得する事ができます。中古住宅の家探しをする時に注意したいのは築年数以上に劣化している住宅を購入しない事です。築年数は家探しをする時の目安にはなりますが、それだけで判断する探し方は危険です。住宅の劣化具合はメンテナンスによっても変わるので、正しい住宅の状態を把握して家探しをするべきです。しっかり住宅診断をして安全性を確認して選ぶ探し方が良いですが、販売業者とは関係ない業者に診断を行ってもらう事で客観的な診断結果を得られます。また建物だけでなく土地の安全性に関しても確認して選ぶと良いです。少しでも安くて良い物件を探すには多くの業者に相談して物件を紹介してもらうと良いです。より多くの物件を比較して選ぶ探し方ができればそれだけ良い物件に出会える可能性が高まるからです。相場よりもかなり安くなっている中古物件は築年数がかなり経過している中で現在の法律に適合していない為に建て替えや大幅なリフォームが難しい物件があります。そのような特殊な状況にある住宅である事を知らずに購入すると後で困る事があるので、購入前に業者にしっかり確認して何ができて何ができないのか確認するべきです。

↑PAGE TOP