• トップ /
  • 中古物件の家探しをする時の注意

家探しをする時に気をつける事

中古住宅は新築と比べて相場が安いので、低い予算で住宅を取得する事ができます。そのため中古住宅を中心に家探しをする人は少なくありません。中古住宅にはメリットも多いですが、物件を選ぶ時は注意する事もあります。家探しをする時は物件情報を確認しますが、その中に築年数が記載されています。築年数は目安にはなりますが、前に管理していた人のメンテナンス次第で同じ築年数でも建物の状態はかなり変わってきます。物件を選ぶ時は築年数で建物の状態を判断せずに住宅診断を行って正しく住宅の状態を把握した上で物件を選ぶべきです。家探しをする時に価格は大きな決め手となりますが、相場より安い物件にはデメリットがある事もあります。中には建て直しができない環境にある住宅や工法などの問題でリフォームをする時の自由度が低い物件もあります。建て直しや大幅なリフォームを予定して購入した後に発覚すると困るので、注意するべきです。住宅の安全性は建物だけでなく、その土地によっても変わってきます。住宅を購入する時は建物の安全性だけでなく、土地の状態も確認して安全性を確認するべきです。地盤が弱かったり、液状化のリスクが高い土地に建っている住宅には注意した方が良いです。

↑PAGE TOP