• トップ /
  • 家探しで得をするためのコツ

家探しでは業者選びにこだわる

家探しにおいては、業者選びが重要になります。特に、中古物件の場合には、高額な仲介手数料がかかりますが、交渉をすることで仲介手数料を値引きできることもあります。業者は売主と媒介契約を結んでいますが、家が売れないと仲介手数料は手に入りません。売主からは基本的に満額の仲介手数料をもらっていますので、買主からは、値引き交渉に応じても、十分な利益になることもあります。家探しにおいては、基本的に価格などは交渉をして値下げをすることができます。場合によっては、土地と建物の価格を調節することも可能です。土地が1200万円、建物が1500万円で売られていたら、土地を1000万円、建物を1700万円とすることも、お互いの合意があれば可能です。不動産経営をする場合なら、建物の価格を上げておくことで、減価償却費を多めに計上できるというメリットがあります。中古物件の場合には、価格が適正でないことも多々ありますが、親身になって相談にのってくれて、価格交渉などもしてくれる業者が良いでしょう。都合の悪いことは隠して、利益を最優先させるという担当者もいますが、そのような担当者がいる業者は避けたほうが無難です。中古の家探しでは、信用がなによりも大切です。

↑PAGE TOP